住友林業の分譲住宅地(1)

みなみのシティ

みなみ野シティは、八王子ニュータウンとも呼ばれています。計画人口は28,000人、人口は徐々に増加しています。東京都心から西方約40kmの八王子市の中心から南方2~5kmに位置していて、1997年(平成9年)に街びらきをしたニュータウンです。都市再生機構が事業主体の「南八王子土地区画整理事業」により開発されました。「八王子・立川・多摩業務核都市構想」の一環として、国道16号沿道という立地から、事務所、工場、流通関連施設なども配置されています。また、里山や水路を生かした「環境共生都市」がコンセプトです。

内装リフォームも!

みなみのシティの地区構成

みなみ野シティは、一部の地域では電線類を地中化しています。みなみ野シティ内は、おもにみなみ野、七国、宇津貫町、兵衛(ひょうえ)、西片倉と5つの地区から構成されています。なお、七国の地名はこの街の南部の多摩丘陵尾根にある「七国峠(しちこくとうげ)」に由来しますが、読みを「ななくに」に変更しています。土地は登記上の所有者は都市再生機構となっていましたが、2008年(平成20年)4月の時点で一括書き換えされました。保育園は、市立みなみ野保育園、みなみ野さゆり保育園、みなみ野敬愛保育園と3園ありますが、幼稚園は地区内には無く、近隣地域の幼稚園の園バスが送迎に来ていますが、2015年前後に東京ゆりかご幼稚園が館町からの移転予定です。また、みなみ野保育園に隣接して「地域子ども家庭支援センターみなみ野」があります。

みなみのシティの概要

みなみのシティは商業地と住宅地は地区計画によって完全に分離され、完成した主要道路の電線地中化とともに良好な街並みがつくられています。駅前から西部へと伸びるメインストリートには複合商業施設やレンタルビデオ・本屋などあり、駅から離れて住宅地になると小規模店舗が点在しています。日常生活に必要なものはみなみのシティの地区内でほとんどそろえることができます。駅の東側は西側と横浜線の線路で分断されているため開発が遅れていましたが、住宅建設が進み商業関連施設も少しずつ進出してきています。近隣に東京工科大学があり、その最寄り駅ともなっている(通学バスが発着する)ため、学生の姿も多く見られます。駅前には大規模な学生寮(東京工科大学のものが1棟、日本工学院八王子専門学校のものが2棟)が建っています。

みなみのシティとバリアフリー

みなみのシティのは丘陵部を宅地造成していますが、街全体がバリアフリーとなるため、できるだけ緩やかな坂となるように配慮されています。斜面上の緑道には車椅子のために平坦な箇所が必ず設けられています。道路も余裕をもって配置され道幅も広く歩道も確保されています。

みなみのシティの歴史

  • 1997年3月 - 街びらき
  • 1997年4月 - JR八王子みなみ野駅開業
  • 1997年4月 - みなみ野小学校・みなみ野中学校開校
  • 1999年9月 - 八王子南郵便局が南大沢駅前から移転
  • 2003年4月 - 七国小学校・七国中学校開校
  • 2003年11月 - 「MIOみなみ野」(ショッピングセンター)開業
  • 2005年9月 - 「フレスポ八王子みなみ野」(ショッピングセンター)開業
  • 2006年2月 - 八王子警察署みなみ野交番設置
  • 2006年11月 - 「アクロスモール八王子みなみ野」(ショッピングモール)開業
  • 2007年4月 - みなみ野君田小学校開校
  • 2008年 - みなみ野シティ内の八王子南バイパスの工事が着手され一部街路が付替えられた

みなみのシティのアクセス

  • 鉄道:JR横浜線の八王子駅と橋本駅の中間よりやや北側に位置する八王子みなみ野駅が中心部の最寄り駅です。また、隣の片倉駅が最寄りの地区(西片倉・兵衛地区の一部)もあります。
  • 道路:みなみ野シティを取り囲むように北部を東京都道173号上館日野線(北野街道)が、東部を国道16号(東京環状)が、そして、西部を東京都道・神奈川県道506号八王子城山線が通っています。南部には町田街道がありますが、通るには国道16号を経る必要があります。
  • 八王子バイパス:鑓水インター付近の東京都道20号・神奈川県道525号府中相模原線(柚木街道)に出るルートの計画がありますが、現状で大部分は山林です。また、この街の北部に接するように八王子南バイパスが計画されています。国道16号から、JR横浜線の東側の道を通り、相原駅方面へと抜けることのできる道路もあります。
  • バス:京王電鉄北野駅から北野台地区を経由して八王子みなみ野駅までのバスが京王バス南・南大沢営業所により運行されています。深夜は割り増しで倍額運賃となる「深夜バス」も運行しています。(24時58北野駅北口分発みなみ野駅25時11分着)

ユーカリが丘

ユーカリが丘は、1971年に不動産会社の山万が開発を始め、1979年に分譲が開始されたニュータウンです。千葉県佐倉市に位置し、ユーカリが丘1-7丁目、宮ノ台1-6丁目、西ユーカリが丘1-6丁目、南ユーカリが丘、井野南土地区画整理事業地が含まれます。都心から約38kmの距離に位置する典型的なベッドタウンで、東京駅までの電車での移動時間は47分。都市機能のハード面とソフト面の両方を山万が整備しています。ユーカリが丘は、通常のニュータウン開発手法である「分譲撤退型」ではなく、長期的な街づくりを前提とした「成長管理型」の開発が行われていて、「自然と都市機能の調和」 「少子高齢化」 「安心・安全」 「文化の発信」 「高度情報通信化」の5つのキーワードに沿った、一貫した開発が行われています。千葉県佐倉市にあるニュータウンで、ユーカリが丘1-7丁目・南ユーカリが丘・西ユーカリが丘1-5丁目・宮ノ台1-6丁目などを中心とする地域です。

ユーカリが丘特徴

ユーカリが丘は、都市計画の立案から都市機能の整備・運営まで民間会社主導で行われているのが特徴です。新交通システムであるユーカリが丘線も山万が立案した都市計画に盛り込まれていましたが、これが提示された佐倉市はバスを並走させることも考えていました。しかし環境保護を重視した山万はこれに難色を示し、バス路線は実現しませんでした。現在も、ユーカリが丘駅に乗り入れているバス路線は開設されていません。良好な住環境を維持するため、ユーカリが丘の開発当初から全域に建築協定を設定。住宅間のブロック塀設置の制限や植栽による緑化を義務付けるとともに、一定面積以下の宅地分割を規制していました。現在では、佐倉市の制定する地区計画に継承され、条例化されています。ニュータウン内には山万が運行する新交通システム山万ユーカリが丘線が走っていて、京成電鉄のユーカリが丘駅に接続しています。ユーカリが丘駅前のユーカリが丘4丁目は、千葉県で初めて整備された超高層住宅・商業施設・放送局・総合子育て支援センターの入る複合開発「スカイプラザ・ユーカリが丘」や、ウィシュトンホテル・ユーカリ、シネマコンプレックスを擁したショッピングセンター(YOU!PLA)等の超高層住宅・商業立体開発エリアとして整備されています。

ユーカリが丘4丁目

ユーカリが丘4丁目の大部分は、佐倉市唯一の高度利用地区として設定されています。ユーカリが丘内の市民の足であるユーカリが丘線の運営やユーカリが丘内の警備を請負うワイ・エム・セキュリティー、総合子育て支援センター ユーキッズ、認可保育所 ハローキッズ、認可外保育所ユーカリ・マイキッズなどの施設の運営も山万もしくは山万の関連会社が行っており、本来行政の行うべき機能も一部担っています。独居高齢者対策や、市民の声をヒアリングしユーカリが丘の開発やサービス提供に反映するための専門チーム「エリアマネージメントグループ」が設置されていて、ユーカリが丘内の約7,000世帯を直接訪問しています。2011年3月11日の東日本大震災以後は、コミュニティーづくりの先端事例として国内外の企業や自治体からの視察が相次いでいます。

ホームパーティしましょ!